表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税・計算方法

国民健康保険税・計算方法

更新日:2017年04月08日

●平成29年度の国民健康保険税の税率 

  全地域 

 医療給付費分

 所得割率(*2)  7.5%
資産割率(*3) 9.0%
均等割額

9,000円

平等割額 12,000円

限度額

 53万円

 後期高齢者支援金分(*1)  所得割率(*2) 

2.3%

均等割額 7,000円

 限度額

 16万円

 介護納付金分 所得割率(*2) 2.4%
均等割額  11,000円

 限度額

 14万円

 前年の世帯の総所得金額等

 軽減割合

 33万円以下

 7割

 33万円+(27万円×被保険者と特定同一世帯所属者(*4)の合計人数)以下

 5割

 33万円+(49万円×被保険者と特定同一世帯所属者(*4)の合計人数)以下

 2割

(*1)後期高齢者支援金分
給付費の5割に「公費を重点的に投入」するとともに、若い世代の加入する医療保険から4割を仕送りし、「高齢者の医療費を国民皆でしっかりと支える仕組み」です。
(*2)
所得割率×所得割算定基礎額(前年の総所得金額等-33万円)=所得割額
(*3)
資産割率×資産割算定基礎額(その年度の固定資産税額)=資産割額
なお、共有分がある方は、按分に応じた税額も資産割算定基礎額に含まれます。
(*4)
特定同一世帯所属者とは、同じ世帯に属しながら、国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した方のことです。

●一世帯あたりの保険税の決定
 保険税は、「医療給付費分」と「後期高齢者支援金分」と「介護納付金分(40歳以上65歳未満の方のみ)」の合計で、それぞれの金額は、加入者の所得割額・資産割額(医療給付費分のみ)・均等割額を合算します。更に、一つの世帯ごとに平等割額を合計し年額を算定します。
 加入月については、通常「12ヶ月」ですが、年度の途中で国民健康保険に加入・脱退があった場合については、月末に国民健康保険に加入していた月数となります。
 また、国民健康保険税については、限度額が設けられており、「医療給付費分53万円」「後期高齢者支援金分16万円」「介護納付金分14万円」です。これを超えた額は減額されます。 

☆ 所得の低い世帯については、軽減が適用になるときがあります。詳しくは関連リンクをご覧ください。

☆ 後期高齢者医療制度施行に伴う減額措置については、関連リンクをご覧ください。

●保険税の納付について
 
保険税の年間税額は4月から翌年3月の12ヶ月分となり、お支払い回数は、普通徴収(納付書または口座振替で納付)では7月末から翌年3月末までの9回払いとなります。特別徴収(年金からのお支払い)では公的年金からの天引きとなりますので、偶数月の年6回払いとなります。
 保険税の当初納税通知書は7月中旬に納税義務者宛にお送りします。
 年度の途中で国民健康保険に加入した場合の保険税は月割計算となります。当初賦課以降に国民健康保険に加入した場合は、届出の翌月または翌々月から3月までの回数でのお支払いとなります。

☆ 詳しい納期限等につきましては、関連リンク「国民健康保険税の納期・納付方法」をご覧ください。

●国民健康保険に加入したときの試算
 国民健康保険に加入する方の前年の所得・今年の固定資産税額をご確認いただき、入力していただくことで、国民健康保険に加入した場合の税額を試算することができます。
 下記、関連ファイル「国民健康保険税試算フォーム」を開いて行ってください。(ページを開く際にセキュリティ警告が表示されたときには、マクロを有効にしてください。)
 ※簡易版のため、月割りの計算・軽減などは行うことができません。

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。