表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 福祉・介護 > 障害福祉 > 障害者自立支援事業

障害者自立支援事業

更新日:2013年04月12日

 平成25年4月から障害者自立支援法にかわり、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」がスタートし、身体障害者、知的障害者、障害児、精神障害者に加えて、新たに難病患者の方が共通の制度による障害福祉サービスが受けられるようになりました。
  障害福祉サービスの利用者負担は、原則1割の定率負担となります。(所得等に応じた月額上限額があります。)
 利用は、市に申請後、心身の状況を認定するための認定調査やサービス等利用計画策定を行い、一次判定(コンピュータ判定)、二次判定(市町村審査会)を経てサービスの支給決定をします。支給が適当と認めた場合は、受給者証を交付します。
 障害児は、市に申請後、障害の種類や程度の把握のために、5領域10項目の調査を行った上で支給の要否及び支給量を決定し、支給が適当と認めた場合は、受給者証を交付します。

 ※ 詳しくは障がい者福祉課へご相談ください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい者福祉課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:shogaisha@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。