表示色
文字サイズ

トップページ > 各課一覧 > 福祉部)障がい者福祉課 > お知らせ > シリーズ障害を知る 17

シリーズ障害を知る 17

更新日:2017年08月24日

障害者虐待防止法

 平成24年10月1日に施行された「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)は、障がい者の尊厳を守り、虐待を禁止、予防するための法律です。この法律では、虐待を受けたと思われる障がい者を発見した人は、市町村または都道府県に通報しなければならない(義務)と定めています。

みんなでなくそう障がい者虐待

 障がい者虐待とは、身体的虐待(なぐる・監禁するなど)、性的虐待(不必要に身体にさわる・わいせつ行為の強要など)、心理的虐待(怒鳴る・悪口を言う)、放棄・放置による虐待(食事を与えない・無視など)、経済的虐待(お金をとられる・賃金等を払わないなど)があります。もし、このような行為を目撃した場合は、障がい者福祉課または各総合支所市民福祉健康課へご連絡ください。
 早期発見が虐待の深刻化・重大化を防ぎます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい者福祉課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:shogaisha@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。