表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 福祉・介護 > 社会福祉 > 臨時福祉給付金(経済対策分)について

臨時福祉給付金(経済対策分)について

更新日:2017年02月09日

臨時福祉給付金(経済対策分)の概要

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

平成26年4月からの消費税の引き上げが所得の低い方々に対する負担を増大させることを鑑み、所得の低い方々に対して適切な配慮を行うために臨時的な措置として行われるものです。

よくあるご質問

市民の皆さまからいただいたご質問とその回答についてはこちらのページをご覧ください。

給付の対象者

平成28年度臨時福祉給付金の対象であった方が対象です。

※平成28年度臨時福祉給付金の対象者
1月1日時点において加須市の住民基本台帳に登録されている方で、平成28年度分の市民税(均等割)が課税されていない方。
ただし、以下に該当する場合を除く。

1.平成28年度分の市町村民税が課税されている方の扶養親族等
2.生活保護制度の被保護者
3.中国残留邦人等に対する支援給付の受給者
など

給付額

給付対象者1人につき1万5千円

申請・支給手続き

市で把握している対象者の方には、3月の中旬ごろに申請書をお送りします。
申請書を受け取られた方は、案内文書に従って申請書をご提出ください。
申請書の受領後書類を審査し、給付対象と認められた場合は臨時福祉給付金を支給いたします。
対象と思われるのに3月を過ぎても申請書がお手元に届いていない方は、社会福祉課にお問い合わせください。
[申請期間]平成29年8月31日(木)まで ※郵送は消印有効
[受付窓口]本庁社会福祉課、各総合支所福祉課窓口まで郵送または持参
[支給時期]平成29年4月13日、28日、5月12日、26日、6月13日、28日、
      7月13日、28日、8月28日、9月28日
      ※受付日に応じて、いずれかの日に支給

振り込め詐欺等の犯罪防止

●市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
●ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
●市町村や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給するために、手数料の振込を求めること等は絶対にありません。

ご自宅や職場などに市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたりしたら、迷わず加須市や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))に御連絡ください。

臨時福祉給付金(経済対策分)の振り込め詐欺等の犯罪防止(PDFファイル/83KB)

関連情報

厚生労働省専用ページ

給付金に関する特設ホームページ(『確認じゃ!給付金。』)が開設されましたので、こちらをご覧ください。
http://www.2kyufu.jp/
臨時福祉給付金(経済対策分)バナー

臨時福祉給付金に関する国の一般的な情報については下記をご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/rinjifukushikyuufukin/

厚生労働省「給付金」専用ダイヤル
0570-037-192
受付時間 9:00~18:00(土、日、祝日含む)
制度の一般的な質問についてはこちらに電話をおかけください。

お問い合わせ先

福祉部 社会福祉課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:shakai@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。