表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 防災・防犯・交通安全 > 防災 > 平成28年熊本地震災害への支援について

平成28年熊本地震災害への支援について

更新日:2016年06月20日

◆平成28年熊本地震に対する加須市の支援は、次のとおりです。

(1)義援金について 

 加須市社会福祉協議会を通して日本赤十字社から被災地へ義援金を送付します。

■義援金箱設置場所:加須市役所本庁舎  9時00分 ~ 17時00分

          各総合支所     9時00分 ~ 17時00分

■受付期間:平成29年3月31日まで(市役所の開庁日のみ)

※受領証が必要な方は、受付窓口の職員にお申し出ください。

※6月26日(日)をもって閉庁日(土曜日、日曜日、祝日)の受付は終了します。

 

(2)救援物資について

 救援物資については、現時点では、市民の皆様の物資を市の窓口で受け付けて被災地に送るという対応は行いません。

 過去の大災害の教訓を生かして、当面、被災地から遠い加須市においては、市民の皆様には物資よりも義援金でのご協力をお願いいたします。

 なお、今後の状況の変化には、適切に対応して参ります。

 

(3)災害ボランティアについて

 4月14日(木)に発生した熊本地震の災害ボランティアについては、現在、現地が受け入れ態勢の準備を行っているところです。既に災害ボランティア活動の受け入れを開始している市区町村もありますので、よろしくお願いいたします。

 被災地での災害ボランティア活動を希望される場合は、まずは関連リンクのホームページにより募集の有無、募集の範囲等をご確認ください。

 被災地の県または各市町村ボランティアセンター等、現地関係機関へ多数の電話照会が寄せされますと、センターの円滑な業務に支障を及ぼしますので、ご遠慮ください。

 詳しくは、関連リンクの熊本県社会福祉協議会や熊本県のホームページをご参照ください。

  

◆災害派遣等従事車両証明について

 被災地に物資等を輸送する場合、または災害ボランティア活動をする場合等に災害派遣等従事車両証明書を発行します。発行にあたり関連ファイルの「災害時派遣等従事車両証明の申請書」を記入、押印及び被災地の市区町村が発行する救援物資受入証明等を持参の上、本庁舎危機管理防災課または各総合支所環境経済課窓口にて証明書を発行いたします。

○注意事項:

1 申請書は、運行を予定する区間を詳細に記入をしてください。(申請書は車両ごとに必要)

2 証明書は、車両1台につき通行1回あたりかつ料金所ごとに提出することになります。

3 ETCレーンやスマートICの利用はできません。

 

◆備蓄型簡易トイレを被災地に提供しました。

 

 被災地に対し、加須市内の業者である株式会社ハマ電子が自社製の簡易トイレを提供しました。ハマ電子と協力して、加須市といたしても、市内小学校に備蓄してあるハマ電子製の簡易トイレを提供し、支援することとしました。

 この簡易トイレは、停電、断水で水洗トイレが使用できない時に、バッテリーで汚物を自動パック処理できるもので、加須市内の全23箇所の拠点避難所に、災害発生時に使用するため、平成24年度、平成25年度に整備したものです。

 今回は、ハマ電子の在庫分と加須市で備蓄している簡易トイレ、合計16個を被災地に提供しました。

 

 

 

備蓄型簡易トイレ提供

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

環境安全部 危機管理防災課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kikibosai@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。