表示色
文字サイズ

トップページ > 各課一覧 > 環境安全部)環境政策課 > お知らせ > アライグマにご注意して下さい

アライグマにご注意して下さい

更新日:2017年01月30日

アライグマやハクビシンにご注意下さい

 近年、埼玉県内でもアライグマやハクビシンが急激に増え、農作物や生活環境等に被害が発生しています。
 加須市でも各地域においてイチゴやイチジク等の農作物被害や、屋根裏に住み着く等といった生活環境被害が見受けられ、今後の被害拡大が心配されます。

(1)アライグマとは
原産地:アメリカ、カナダ、メキシコ  頭胴長(頭からおしりまで):50~70cm  体重:6~10kg
一見可愛らしいアライグマですが、見かけによらず凶暴で、鋭い歯を持っています。狂犬病等のウイルスを持っている可能性があるので、むやみに手出しをするのは危険です。

(2)ハクビシンとは
明治以前から日本での生息が確認されている動物です。
頭胴長(頭からおしりまで):50~60cm  尾長:約40cm  体重:2~3kg
「白鼻芯」の名前のとおり、額から鼻にかけて白い線があり、頬も白いです。

(3)農作物の被害
アライグマやハクビシンは雑食性で、農作物では特に梨、ブドウ、イチゴ、トウモロコシ等の糖度の高いものを好みます。

(4)家屋への被害
夜行性で、昼間は木の洞や民家の屋根裏、神社や寺の天井、廃屋、倉庫、側溝等に棲みつくといわれています。屋根裏に住み着くと糞尿により異臭やダニが発生し、不衛生な状態となります。

(5)被害時の対応
農作物の被害を受けた時は、市農業振興課へ、生活環境の被害を受けた時は、市環境政策課へご連絡下さい。現地調査にうかがい、被害状況の確認をおこないます。 
※捕獲わなの等の設置には資格等が必要となり。

(6)地域ぐるみでの被害防止
鳥獣による被害防止対策の基本は、生ごみを放置しない、利用しない果実を放置しない等、餌となるものを放置しないことです。
また、廃屋を解体する、遊休農地を解消する、屋根裏に侵入しないように網を掛ける等棲み処となる場所の解消を行なうことが重要です。

アライグマやハクビシンの被害が拡大するのを防ぐには、早めの対策が必要です。
足跡や物音、農作物被害等にお気づきの点がありましたら、ご連絡願います。

アライグマ

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

環境安全部 環境政策課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kankyo@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。