表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 環境・衛生 > 環境保全 > 騒音規制に関する届出

騒音規制に関する届出

更新日:2012年11月22日

騒音が発生する施設を設置する場合には届出が必要です。
 工場または事業場に設置される施設のうち著しい騒音を発生すうる施設であって、政令または規則で定める施設については、下記の届出を市(生活環境課)に提出して下さい。
(法に基づき届出が必要な施設を特定施設といい、条例に基づき届出が必要な施設を届出施設といいます。)

●騒音関係届出
届出の種類届出が必要な場合届出の期間
 特定施設設置届出書
(騒音規制法 様式第1号)

騒音規制法指定区域に特定施設を設置するとき

設置の工事の30日前まで

 特定施設使用届出書
(騒音規制法 様式第2号)
既存の施設が新たに騒音規制法指定地域内になったとき 規制対象となった日から30日以内 
 特定施設の種類ごとの数の変更届出書
(騒音規制法 様式第3号)
特定施設の種類ごとの数の変更をするとき 変更に係る工事の開始日の30日前まで 
 騒音の防止の方法変更届出書
(騒音規制法 様式第4号)
特定施設に係る騒音の防止の方法を変更するとき

変更に係る工事の開始日の30日前まで 

 氏名等変更届出書
(騒音規制法 様式第6号)
代表者の氏名、名称等を変更したとき  変更のあった日から30日以内 
 特定施設使用全廃届出書
(騒音規制法 様式第7号)
特定施設を全部廃止したとき 廃止した日から30日以内 
 継承届出書
(騒音規制法 様式第8号)
特定施設のすべてを譲り受けたとき、借り受けたとき 継承のあった日から30日以内 
 特定建設作業実施届出書
(生活環境保全条例 様式第9号)
特定建設作業を実施するとき  開始の日の7日前まで 
 指定騒音実施設置(使用)(指定
騒音作業開始(実施))届出書
(生活環境保全条例 様式12第号)
指定騒音施設を設置または、指定騒音作業を開始するとき  指定施設の設置の工事の開始日の30日前まで 
 指定騒音施設の種類ごとの数(指定騒音作業の種類)変更届出書
(生活環境保全条例 様式第13号)

指定騒音施設の種類ごとの数または指定騒音作業の変更をするとき

変更に係る工事の開始日の30日前まで 
 騒音の防止の変更届出書
(生活環境保全条例 様式第14号)
指定施設に係る騒音の防止の方法を
変更するとき 
変更に係る工事の開始日の30日前まで 
 氏名変更届出書
(生活環境保全条例 様式第18号)
代表者の氏名、名称等を変更したとき 

変更のあった日から30日以内 

 指定施設使用等廃止届出書
(生活環境保全条例 様式第19号)

指定騒音施設・指定騒音作業を全部廃止したとき 廃止した日から30日以内 
 指定施設等継承届出書
(生活環境保全条例 様式第20号)
指定騒音施設・指定騒音作業のすべてを譲り受けた、借り受けたとき  

お問い合わせ先

環境安全部 環境政策課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kankyo@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。