表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 環境・衛生 > 環境保全 > 微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)について

更新日:2015年09月04日

❑ 微小粒子状物質(PM2.5)とは

 大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001mm)以下の小さな粒子のことです。粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さ1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。


(参考)微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報(環境省ホームページ)



❑ 環境基準

 1年平均値 15マイクログラム/m3以下 かつ 1日平均値 35マイクログラム/m3以下 

(※環境基準は行政上の目標値であり、この数値を超えても直ちに健康影響が生じるものではありません。)

   

❑ 測定結果 

 ・埼玉県では、PM2.5を県内の測定局で24時間連続で測定しています。

  (加須市には測定局はありません。本市周辺では、久喜市、幸手市、鴻巣市に測定局があります。)

  ・PM2.5の濃度の日平均値が70マイクログラム(1立方メートルあたり)を超えた場合、健康への影響が予測されます。
  このため、埼玉県では毎朝8時と正午に、この値を超えるおそれがあるかどうかを予測し、お知らせしています。
 
  測定結果及び予測については下記の埼玉県ホームページをご覧ください。

  PM2.5測定結果について(埼玉県ホームページ)

お問い合わせ先

環境安全部 環境政策課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kankyo@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。