表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税を滞納すると

国民健康保険税を滞納すると

更新日:2012年10月30日

 普段、健康に自信のある方でも、いつ病気やけがに襲われるかわかりません。そんなときに安心して医療が受けられるように、国民健康保険の制度があります。国民健康保険は皆さんに保険税を負担していただく、相互扶助のうえに成り立っています。

■ 特別な事情もないのに保険税を滞納している世帯には、滞納状況に応じて次のような措置を行います。

  1. 納期限が過ぎると督促状・催告書が送られます。
    また、納期限内に納税した方との公平性を保つため、地方税法の定めるところにより、延滞金が課せられます。 延滞金は、納期限の翌日から納める日までの期間の日数に応じて年14.6%(納期限の翌日から1月以内の期間については年7.3%)の割合で延滞金が加算されます。ただし、平成12年から当分の間は、納期限の翌日から1月以内の率が軽減されます(特例基準割合)。平成24年は4.3%です。 

    (注) 特例基準割合 近年の超低金利に対応し、当分の間、納期限の翌日から1月以内の期間については、前年の11月30日現在の基準割引率及び基準貸付利率(従来の公定歩合)に年4%を加算した割合。

  2. 納期限から1年以上滞納した場合、保険証を返還してもらい、代わりに「被保険者資格証明書」 が交付されます。
    被保険者資格証明書とは、国保の被保険者の資格を証明するだけで保険証のような受診券とはなりません。そのため、お医者さんにかかるときは医療費をいったん全額自己負担することになります。

  3. 督促状発送後10日を経過した日までに、税金を完納されないときは、財産差し押さえなどの滞納処分を受けることがあります。

どうしても納付が難しいときは

 災害・失業・倒産、その他特別な事情により保険税の納付が困難な場合は、お早めに収納課までご相談ください。事情により保険税の分割納付、納税の猶予、減免などが認められることがあります。

■ 納税の猶予

 次のような特別な事情により、納税者が納期ごとに納付することが困難であると認めれるときは、申請により1年に限り納税が猶予される場合があります。

 1. 震災、風水害、火災等の災害を受けたり、盗難にあったりしたとき
 2. 生計をおなじくする親族が病気、負傷とき
 3. 事業を廃止、休止したとき
 4. 事業について著しい損失を受けたとき

■ 国民健康保険税の減免

 次の要件に該当する方は、納期限の7日前までに減免申請を行うことにより、減免される場合があります。

 1. 前年の総所得金額に比し本年の所得が皆無又は著しく減少した方
 2. 災害による損害甚だしく生活困難の場合
 3. 貧困により公私の扶助を受ける方 など

お問い合わせ先

総務部 収納課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:shuno@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。