表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 市税 > 固定資産税 > 家屋を取り壊したとき

家屋を取り壊したとき

更新日:2012年11月23日

家屋を取り壊したら速やかに手続きをお願いします

 固定資産税・都市計画税は、1月1日現在に存在する家屋に課税されますので、家屋を取り壊した方は速やかに手続きをしてください。
 なお、家屋を取り壊した後の土地の利用状況により、土地の固定資産税、都市計画税が変わる場合があります。

■法務局に登記されている家屋を取壊したとき
   法務局へ家屋の滅失登記を行ってください。市への手続は必要ありません。

■未登記家屋を取壊したとき
   家屋とりこわし申請書を本庁(税務課資産税担当窓口)または総合支所(市民税務課税務担当窓口)へ提出してください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

総務部 税務課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:zeimu@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。