表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 届出・登録・証明 > 公的個人認証サービス > 公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは

更新日:2015年12月22日

公的個人認証サービスとは?

 公的個人認証は、オンラインで(=インターネットを通じて)申請や届出といった行政手続などを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。 都道府県知事が発行する「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないICカードに記録し、これを用いて申請書などの情報に「電子署名」を付すことにより、確かに本人が送付した情報であることを示すことができるため、安全なオンライン手続の実現に役立っています。
※平成28年1月から、都道府県知事に代わり、地方公共団体情報システム機構が電子証明書を発行することになります。

電子証明書とは?

電子証明書は、オンライン申請における本人確認手段及び利用者本人であることの証明手段であり、申請用データへの電子署名やインターネット閲覧の本人確認を行うために必要となるものです。住基カードには署名用電子証明書のみが搭載されていましたが、個人番号カードには、これに加えて新たに利用者証明用電子証明書が搭載されます。

※署名用電子証明書…インターネットで電子文書を送信する際などに、文書が改ざんされていないかどうか等を確認することができる仕組み。

※利用者証明用電子証明書…インターネットを閲覧する際などに、利用者本人であることのみを証明する仕組み。

個人番号カードに格納される公的個人認証サービスについて

 

出典:総務省
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/kojinninshou-01.html

お問い合わせ先

総務部 市民課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:simin@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。