表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 届出・登録・証明 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー) > 事業者の皆様へ 個人番号の取扱い及び漏えい事案等が発生した場合の対応等について

事業者の皆様へ 個人番号の取扱い及び漏えい事案等が発生した場合の対応等について

更新日:2016年02月10日

個人番号の取扱い及び漏えい事案等が発生した場合の対応等を記載したリーフレット 1

個人番号の取扱い及び漏えい事案等が発生した場合の対応等を記載したリーフレット 2

【注意】通知カードは身分証明書として利用できません!

 個人番号カードには氏名、住所、生年月日、性別が記載され、顔写真があります。このため、レンタル店などでも身分証明書として広く利用が可能です。ただし、カードの裏面のマイナンバーをレンタル店などが書き写したり、コピーを取ったりすることはできません。
 なお、個人番号カードは、裏面のマイナンバーなどを隠すビニールケースに入れて交付されます。

 一方、通知カードの表面には、氏名、住所、生年月日、性別に加えて、マイナンバーが記載されています。マイナンバーは法律や条例で決められた用途以外で使うことができませんので、通知カードをレンタル店などが身分証明書として取扱うことはできません。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

総合政策部 業務改善課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kaizen@city.kazo.lg.jp