表示色
文字サイズ

トップページ > 各課一覧 > 市民相談室 > お知らせ > 消費者啓発参考情報「くらしの110番」トラブル情報(4月分)

消費者啓発参考情報「くらしの110番」トラブル情報(4月分)

更新日:2015年04月30日

キャッシュレス決裁、プリペイドカードを悪用する事業者に注意!

埼玉県からの消費者啓発参考情報「くらしの110番」トラブル情報(平成27年4月分)です。

■キャッシュレス決済、プリペイドカードを悪用する事業者に注意!■

【事例1】
 
パソコンでアダルトサイトを見ていてクリックしたところ、登録完了の画面が出た。業者に登録した覚えはないと連絡したところ、「すでに登録は完了している。退会するなら退会金10万円を払うように」と言われた。怖くなったので業者の指示に従ってコンビニに行き、端末機でプリペイドカードの購入手続きをし、レジで10万円を支払って、業者にプリペイドカードの番号を伝えた。
 だまされたのでプリペイドカードの購入代金を返金してほしい。

【事例2】
 
SNSで知り合った女性と何度もやりとりして親しくなったところ、その女性から頼まれ、コンビニでプリペイドカードを買って、番号を相手に伝えた。
 その後女性と連絡が取れなくなり、だまされたことに気付いた。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

 プリペイドカードやクレジットカードなどのキャッシュレス決裁は、現金を持ち歩く必要がなく、手元に現金がなくても購入できる等の手軽さから、多くの消費者が利用していますが、その仕組みは複雑なものです。
 悪質な事業者は、プリペイドカードを購入させて、番号を連絡するよういってきますが、プリペイドカードの番号を相手に伝えることは、カードの価値(金額)を相手に渡すことになります。

【消費者へのアドバイス】
1 身に覚えのない請求を受けた場合は、すぐに業者に連絡せずよく確認しましょう。
2 業者に言われるままプリペイドカードを購入し、カードの番号を業者に伝えないようにしましょう。
3 プリペイドカード番号を業者に伝えてしまうなど、トラブルに気付いた場合は直ぐにプリペイドカード発行会社に連絡しましょう。
4 困ったときは、すぐに市の消費生活相談窓口にご相談ください。

【相談・問い合わせ先】
 
○加須市役所(本庁舎)市民相談室 消費生活相談窓口 TEL0480-62-1111(内線177)
 ○騎西総合支所 市民税務課 TEL0480-73-1111(代)
 ○北川辺総合支所 市民税務課 TEL0280-62-2111(代)
 ○大利根総合支所 市民税務課 TEL0480-72-1111(代)

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。