表示色
文字サイズ

トップページ > 各課一覧 > 市民相談室 > お知らせ > 消費者啓発参考情報「くらしの110番」トラブル情報(10月分)

消費者啓発参考情報「くらしの110番」トラブル情報(10月分)

更新日:2014年12月25日

「不用品を買い取る」の訪問購入にご注意

埼玉県からの消費者啓発参考情報「くらしの110番」トラブル情報(平成26年10月分)です。

■ 「不用品を買い取る」の訪問購入にご注意 ■ 

【事例1】
 「身に付ける物なら何でも買い取りに行く」と電話があり、訪問を了承した。来訪した業者は用意した洋服に目もくれず「貴金属はないか」と聞いてきた。「ない」と答えても、しつこく言われ、仕方なく親の形見のアクセサリーなど数点を見せたところ、「売ってくれ」と30分粘られた。それでも断ったところ、品物を侮辱して帰った。

【事例2】
 高齢の両親の面倒をみるため、実家へ通っている。実家の電話に「不用品を買い取る」と電話があり、「ない」と答えた。「何か一つくらいあるだろう」と威圧され、断ってもかなり粘られた。今後、家に来られるのが心配だが、業者名も電話番号も分からず、来訪を断ることができない。来訪した場合、どうしたらよいか。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 「訪問購入」は、特定商取引法や埼玉県消費生活条例によって規制の対象となっています。しかし、訪問購入トラブルの相談が依然寄せられています。業者からの電話や来訪があったときは、次のアドバイスを踏まえて慎重に判断しましょう。

【消費者へのアドバイス】
1 業者が訪問購入をしようとするときは、買取りの勧誘に先立って、購入業者の氏名又は名称、売買契約の締結について勧誘をする目的である旨及び当該勧誘に係る物品の種類を明らかにしなければなりません。業者が電話などで「不用品を買い取りたい」とだけ告げ来訪する行為は、法律で禁止されています。
2 「衣類を買い取る」とだけ言っていた購入業者が同時に貴金属の買取りの勧誘をすることは、法律で禁止されています。
3 訪問購入においても、クーリング・オフは可能ですが、一度物品を引き渡すと取り返すことは困難です。クーリング・オフの8日間は、物品の引き渡しを拒むことができます。
4 電話で勧誘を断ったにもかかわらず来訪された場合は、直接会わずインターフォン等で、「買い取ってもらうつもりがない」ときっぱり断りましょう。それでも購入業者が強引に家の中に入ってきて、怖い思いをしたらすぐに警察に電話しましょう。
5 困った時は、すぐに市の消費生活相談窓口にご相談ください。

【相談・問い合わせ先】
 
○加須市役所(本庁舎)市民相談室 消費生活相談窓口 TEL0480-62-1111(内線177)
 
○騎西総合支所 市民税務課 TEL0480-73-1111(代)
 
○北川辺総合支所 市民税務課 TEL0280-62-2111(代)
 
○大利根総合支所 市民税務課 TEL0480-72-1111(代)

 

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。